潟Gンラージ 京都府京都市右京区にある弊社では、超気密・高断熱住宅の設計・建築を承っております。

超気密
高断熱
計画換気

アトピー・喘息
地震に強い
光熱費の節減

Q&A
まめ知識

会社概要
お問い合わせ

これからの住宅:計画換気
< 計画換気 >
◆計画換気とは・・・!?
「換気をする」、皆さんならどうしますか?窓を開ける、換気扇をまわす、などがあげられますよね。

では、「24時間換気する」ならどうしますか?24時間、窓を開けっぱなしにしますか?もう1つ、「部屋の隅々まで換気する」ならどうしますか?家中の窓、扉を開けますか?

計画換気とは、「屋内のすべてを24時間換気し続ける」ということなのです。では実際できるでしょうか?現代の一般的な建て方をした住宅では、正直、不可能だと思います。

それを可能にしたのが「超気密住宅」です。逆の言い方をすれば「計画換気」をする為には、「超気密」の家を建てなければならない、ということです。

・超気密住宅とは?

◆「超気密」が「計画換気」を行えるメカニズム
天井裏に排気設備を設置し、ここから24時間屋内の空気を外部に排気します。そうすると排気した分外部と比べると屋内の気圧が低くなります。外部と屋内の気圧が同じになろうとしますから、外部から屋内(気圧の高い所から低い所)へ空気の移動が生じます。それが各部屋等に設置された穴(給気口)から空気が自然に入ってくるというのが24時間換気です(例として第3種換気で説明しています)。

 
では、何故「超気密」でなければならないのか。ジュースをストローで飲んでいるときを想像してみて下さい。もし、そのストローに穴が開いていたらジュースを飲むことができるでしょうか。

家には多くの隙間があります。空気にも質量がありますから排気箇所からより近い場所の隙間から不足した空気が流入してきます。設置された給気口からは給気されなくなってしまいます。空気の流れがショートカットを起こしてしまうのです。

給気口は屋内の隅々まで換気できるように計算して設置しますから給気口から給気されないということは家の隅々まで換気できていない、「計画換気」が行えていないということになります。



◆意味ある「除湿」をする為にも
湿度の高いときはすごく不快感をおぼえますよね。除湿機を使っているという方も多いのではないでしょうか。家自体に隙間が多いと湿気を含んだ空気が外部から流入してきます。ここで「超機密」の家でなければ、計画換気のメカニズムと同じでショートカットを起こし、結果、屋内すべての除湿を行っているわけではなく、一部分しか行われていないこととなります。

湿気は不快感だけではなく、先にも記載したとおりカビの原因となりますので、除湿は大変重要な要素となります。



◆「超気密」の家はホコリが発生しにくい
ホコリは、ダストと呼ばれる物が空気中で20ミクロン以上になると落下しそれを「ホコリ」といいます。24時間窓を開けっぱなしで換気していれば発生を抑えることができるかもしれませんが・・・そういうわけにもいきませんよね。

「超気密」の家は窓を開けずに部屋の隅々まで24時間換気しつづけることができます。よって、ホコリが20ミクロン以上になるまでにホコリを含んだ空気を外部に放出できるため、屋内でのホコリが発生しにくいのです。

COPYRIGHT(C) 株式会社エンラージ ALL RIGHTS RESERVED.