潟Gンラージ 京都府京都市右京区にある弊社では、超気密・高断熱住宅の設計・建築を承っております。

超気密
高断熱
計画換気

アトピー・喘息
地震に強い
光熱費の節減

Q&A
まめ知識

会社概要
お問い合わせ

高気密・高断熱の利点:地震に強い
< 地震に強い >
◆外断熱工法は地震にも強い
地震に強い家に興味を持たれている方、非常に多いのではないでしょうか?
では、神戸や新潟の震災で多くの家屋が倒壊しましたが、その倒壊した原因って知っていますか?

多くの方はただ揺れによって倒壊したと思っておられるのではないでしょうか?確かに揺れによって倒壊しました。が、壁内結露による壁・柱が腐った為の耐久力不足が原因で倒壊した家が大多数なんです。
地震大国の日本です。今まで培われてきた木造住宅に対するノウハウは相当なものです。壁や柱さえ腐っていなければ、それなりの耐震性能は持ち合わせているといえます(建築基準法に定められている)。

最近、耐震や免震など、よく耳にしますよね。でも壁や柱が腐っていたらどうでしょうか?あまり意味をなさないのではないでしょうか?
耐震や免震を考えるのであれば、壁内結露のことも一緒に考えたほうがよいのではないでしょうか。



◆耐震性能は法律でも定められている
性能保証を受けた建物は、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に定められた住宅性能表示基準の耐震等級があり、一番低い『等級1』で『極めてまれに発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の力により倒壊、崩壊を生じさせない程度』とあります。

これは建築基準法に定められているものと、ほぼ同等の為、性能保証を受けていない建物でもこの程度の耐震性が必要ということになります。また、この程度の耐震性がないと建物を建てることができないということですから、建物を建てた直後は、最低でもこの程度の耐震性はあるということになります。



COPYRIGHT(C) 株式会社エンラージ ALL RIGHTS RESERVED.