潟Gンラージ 京都府京都市右京区にある弊社では、超気密・高断熱住宅の設計・建築を承っております。

超気密
高断熱
計画換気

アトピー・喘息
地震に強い
光熱費の節減

Q&A
まめ知識

会社概要
お問い合わせ

高気密・高断熱の利点:光熱費の節減
< 光熱費の節減 >
◆「超気密」「高断熱」の家は光熱費の節減になる
「高断熱」により屋内の室温を外部の温度の影響を受けにくくします。また「超気密」による「計画換気」により外部からの空気の流入量を調整しています。

よって、屋内の温度の変動が少ない為、一度温まった(冷えた)屋内は一定の温度を保つ為、冷暖房機の温度設定を下げる(冷房時は上げる)ことが可能です。

設定温度を下げることは必然的に電力量を下げることになります。年間で考えると大変大きな節約になるのではないでしょうか。

例)一般家庭の電力量
16畳のリビング(期間消費電力量 約1,500kWh)、8畳の寝室(期間消費電力量 約800mkWh)6畳の和室及び6畳の洋室2部屋(期間消費電力量 約700kWh×3台)の4LDKの場合、合計の年間消費電力は約4,400kWhとなり、年間電気代は96,800円(1kWh 22円で計算)となります。

※期間消費電力量は冷暖房機器の商品により異なる為、各メーカー発表の期間消費電力量をご確認下さい。

COPYRIGHT(C) 株式会社エンラージ ALL RIGHTS RESERVED.